『[改訂版]ディテール・イン・タイポグラフィ 読みやすい欧文組版のための基礎知識と考え方』

『[改訂版]ディテール・イン・タイポグラフィ 読みやすい欧文組版のための基礎知識と考え方』

  • 『[改訂版]ディテール・イン・タイポグラフィ 読みやすい欧文組版のための基礎知識と考え方』 1
  • 『[改訂版]ディテール・イン・タイポグラフィ 読みやすい欧文組版のための基礎知識と考え方』 2

『[改訂版]ディテール・イン・タイポグラフィ 読みやすい欧文組版のための基礎知識と考え方』

Book&Designの直販サイトから購入が可能になりました。
お買い上げのお客様にクリアファイルを差し上げております。なくなり次第、終了いたします。
https://bookdesign.theshop.jp/

—————————————————————–

世界的に有名なスイスのブックデザイナー、ヨースト・ホフリ氏が書いたタイポグラフィの入門書『Detail in typography』の日本語版『ディテール・イン・タイポグラフィ 読みやすい欧文組版のための基礎知識と考え方』。重版にともない、Book&Designより改訂版を刊行いたします。

原書は、1987年にドイツ語で発行されて以来、10か国語(ドイツ語ほか、英語・フランス語・スペイン語・ポーランド語・ブラジル圏ポルトガル語・韓国語・スウェーデン語・オランダ語・イタリア語に翻訳)で出版されたロングセラー。
日本語版 改訂版では、読みやすい欧文組版を行うための、文字、行、段落の扱い方を図版をもとに具体的に解説。コンパクトなサイズ、ページ数の本の中に、欧文タイポグラフィに必要な基礎知識が簡潔にまとめられています。

原著者のヨースト・ホフリ氏と交流のあるドイツ在住のタイポグラファ、麥倉聖子氏が監修、山崎秀貴氏が翻訳、一瀬貴之氏が日本語版の組版を担当。2017年5月に現代企画室より初版が刊行され、今回の重版にともない、Book&Designより改訂版を刊行いたします。改訂版では、読者の方からご指摘のあった箇所や誤記の訂正をしております。

著者:ヨースト・ホフリ
監修:麥倉聖子
翻訳:山崎秀貴
組版:一瀬貴之
発行・発売:Book&Design

[推薦のことば]

「『タイポグラフィって何?』という人でもタイポグラフィのスケール感と大事な考え方が身につくので、特に初心者は常に手元に置いておくことをおすすめします。最初の一歩ってけっこう大事なので、こういう所から一歩を踏み出せる人は幸せです」
(小林 章/タイプディレクター)

「誰のための欧文組版かを考える、世界的視野から欧文組版を学べる良書です。一読ではなく何度でも繰り返し読んで欲しい」
(高岡 昌生/嘉瑞工房)

「欧文の本文組で常に心がけなくてはいけない字間–語間–行間を物語ってくれる本。たとえ同じ条件で文字を組んでも、この本を読んでいるのと、読んでいないのでは、結果が違ってくる小さくても頼もしい本」
(小泉 均/タイポグラファ)

著者について

Jost Hochuli(ヨースト・ホフリ)
スイスを代表するタイポグラファ。1933年にザンクト・ガレンの街に生まれ、
地元でデザインを学んだ後、印刷所で植字工としての訓練を受ける。
1959年に独立後はブックデザイナーとして活躍するだけでなく、
チューリッヒやザンクト・ガレンで長年にわたって教鞭をとり、
欧文タイポグラフィに関する執筆活動も精力的に行う。
「スイスの最も美しい本」「世界の最も美しい本」の受賞も数多く、
彼の仕事はスイス国内外での展覧会でも紹介されている。
著書に『Book design in Switzerland』『Designing books』
『Jost Hochuli: Printed matter, mainly books』など。

 

[改訂版で修正した箇所]

1)p.9 キャプション読点の追い出し
 
2)p.22 本文の最終行
  Manutis→Manutius(uを追加)
 
3)p.23 本文の1行目
  マヌティス→マヌティウス
 
4)p45 本文の下から2行目
  よりも傾きが大きい→と比べてより傾いた
 
5)p.53 上の図版の最後
  「 STANLEY MORISON」を追加
 
6)訳者プロフィールのページ
  ・ホフリさんの最終行 mainly book→mainly books
  ・山崎さんのプロフィール差し替え
 
7)奥付

 

 

ご購入はこちら

  • Amazon
  • 楽天ブックス
  • honto