山崎登 書き文字の装幀展

山崎登 書き文字の装幀展

  • 山崎登 書き文字の装幀展 1
  • 山崎登 書き文字の装幀展 2

 

装幀家、山崎登のオリジナル明朝体と集字を基にした書き文字の装幀を展示します。

山崎登は、師・原弘から引き継いだ仕事の一つ、大判の美術本を多数、装幀しています。大判本の装幀は、書名をオリジナルの太めの明朝体やゴシック体でレタリングしました。

書籍の装幀でも、書名を味のある明朝体や活字文字を集字し、加筆して整え、書きました。そのように装幀した本を手描きの文字と並べて展示いたします。

 

山崎  登:都立工芸高校卒業後、日本デザインセンターで原弘に師事。1998年、山崎デザイン事務所設立。ライプチヒ「世界で最も美しい本」展金賞、造本装幀コンクール・文部大臣賞など受賞。

 

展示会期:2022年2月4日[金]、5日[土]、6日[日]、11日[祝]、12日[土]、13日[日]
金曜日:13:00−19:00、土日祝:11:00−17:00

展示会場:Book&Design[東京都台東区浅草2-1-14  3F]
https://book-design.jp/contact/

主催:山崎デザイン事務所 bonokob(アットマーク)yahoo.co.jp