『BAUHAUS HUNDRED 1919−2019 バウハウス百年百図譜』(2021年12月8日発売)

『BAUHAUS HUNDRED 1919−2019 バウハウス百年百図譜』(2021年12月8日発売)

  • 『BAUHAUS HUNDRED 1919−2019 バウハウス百年百図譜』(2021年12月8日発売) 1
  • 『BAUHAUS HUNDRED 1919−2019 バウハウス百年百図譜』(2021年12月8日発売) 2
  • 『BAUHAUS HUNDRED 1919−2019 バウハウス百年百図譜』(2021年12月8日発売) 3

 

1919年にドイツで開校され、近代芸術史に大きな足跡を残した美術学校バウハウス。バウハウスの教育がアート、建築、デザインに与えた影響について、美術史家の伊藤俊治が執筆したのが本書です。著者が所蔵するバウハウス関連書100 冊を紐解きながら、バウハウス100 年の歴史を考察。貴重な蔵書100 冊の表紙と中頁を掲載した保存版です。ユニークなブックデザインで定評のある松田行正が造本を担当。手元に置いておきたくなるデザインでお届けします。

目次
第1章 バウハウス百年  その創造と教育 1919-2020
第2章 光の創造体  アクトバウハウス 1919-1999
第3章 ニューバウハウスとダイナミック・イコノグラフィ  空間と視覚の相互浸透
第4章 デジタル・バウハウス再考  創造と教育の新たな回路

 

『BAUHAUS HUNDRED 1919−2019 バウハウス百年百図譜』

伊藤俊治著、松田行正造本、牛若丸発行、Book&Design発売
A5判変型、上製本、264頁、3,600円+税、ISBN978-4-909718-05-1
2021年12月8日発売予定(展示会場で先行販売)

通販サイト https://bookdesign.theshop.jp

 

本書の刊行を記念し、本書に掲載したバウハウス関連書100冊の展示とオンライントークイベントを開催します。

詳細 https://book-design.jp/

ご購入はこちら